2015年

9月

08日

H27年度 長崎・佐賀合同研修会

「平成27年度 長崎・佐賀合同研修会」に参加して

 

 平成2781日に嬉野医療センターにて長崎・佐賀の合同研修会が開催されました。研修内容は、ショートレクと7施設からの発表でした。ショートレクでは、「リハビリ科と救命救急との関わり」の題で嬉野医療センターの米永先生による発表でした。急性期で使用するICUAWABCDEバンドル等の単語が出てきましたが、急性期での勤務経験がない私には理解ができず、勉強不足を実感させられました。これを機会に勉強したいと思います。

 各施設からの発表では、症例紹介や病院での取り組み、調査内容等様々な分野での発表がありました。私は国立病院機構に入職して数か月であり、病院の特色を把握できていない為、今の私にとって各病院の特色を把握できる面白い発表だったと思います。特に興味を持った発表が当院でも稼働している包括ケア病棟についての内容で、問題視している内容は同じなんだなと実感させられました。

 最後に、研修会の開催に携わった先生方、発表して頂いた先生方に御礼を申し上げます。また来年度も参加したいと思います。

                     東佐賀病院  田中晃司


0 コメント

2015年

6月

13日

平成27年度 鹿児島・宮崎リハビリ合同研修会

平成27年6月13日(土)会場 都城医療センター研修棟にて開催されました。

 今回は「医療安全と感染予防」をテーマに各施設発表と都城医療センター 看護部感染制御副部長 成田 氏による講義と実技が行われました。

 前半の発表では、各施設での現状の取り組みや課題等がみえて自施設との比較・検証が出来て参考になったと思います。

 後半の講義と実技では、これまで学んできた知識の再確認という感じでしたが、改めて行動表出となると不十分な自分たちに気付かされた時間だったと思います。やはり、「知っている」と「出来る」は違いますね。

 テーマとしては少々重い感じでしたが、今回の研修を機会に再度考えてみることが 各施設においても出来たのはないでしょうか。

 今回、開催にあたり協力してくださった皆さんに深く感謝します。

また、次年度もよろしくお願いします。

2015.6.13 都城医療センター 理学療法士 高見

0 コメント

2015年

2月

10日

「第5回 国立病院理学療法士協議会 九州部会学会」が開催されました。

去る、平成27124日九州医療センターにおいて部会学会を開催されました。

学会長を九州医療センターの白木博文先生にお願いし、テーマを「温故知新」のもと若手中心に12演題もの一般演題が発表され、フロアからの活発な質疑応答もあり大変盛り上がりました。

 また、特別講演として福岡病院 主任理学療法士の足立仁志先生に「私の臨床研究アルバム-疑問の種の探し方・育て方-」の題で臨床研究に対する取り組みや支援についてわかりやすく講演していただきました。

 

今回の学会参加は九州各地より96名の参加をいただき、誠にありがとうございました。

                         学会局 山野朋博

0 コメント

2014年

9月

24日

第41期 定期総会 合同研修会報告

平成26年9月6日に福岡東医療センターにて第41期定期総会、PT・OT・ST合同研修会が開催されました。

PT・OT・ST合同研修会 シンポジウム

「専門性を活かすためのがんリハビリテーション」に参加して

 

 平成26年9月6日福岡医療センターにてPT・OT・ST合同のシンポジウムが開催されました。テーマは「専門性を活かすためのがんリハビリテーション」ということでシンポジストとして九州がんセンターの理学療法士山本祐紀恵先生、長崎医療センターの作業療法士貞方一允先生、鹿児島医療センターの言語聴覚士田場要先生から各施設での取組等の貴重な公演を受講することができました。九州管内でがんのリハビリテーションを算定している施設は10施設あり、私自身もがんのリハビリテーションに携わっているので大変参考になりました。

 各部門からの視点でのがんリハの捉え方に自分が気づかなかった点、これから取り組んでみたいことなど具体的に考えさせられる研修でした。

 これだけの施設ががんリハを行っているのでもっとネットワークを強めて、困っていること工夫したことなどを気軽に相談できるシステムを構築できれば、より良いリハビリを患者さんに提供できるようになるのではないかと思いました。

 今回の研修で学んだことを少しでも業務の中で活かしていきたいと思います。

 最後に、お忙しい中研修会の準備に当たられたシンポジストの先生方に御礼を申し上げます。

                    都城病院 川端伸美

 

0 コメント

2014年

8月

12日

「職場力を高めるコミュニケーション」研修会報告

研修会:「職場力を高めるコミュニケーション」を受講して

 

 平成26年7月26日熊本医療センターで開催された「職場力を高めるコミュニケーション」を参加させて頂きました。近年、多くの分野で注目されている社会技能についての研修会でグループワークまで設定されており、緊張して臨みました。しかし、講師の青磁野リハビリテーション病院徳丸由美子先生の軽快な講義と同じグループでグループワークをリードして頂いた長崎病院の古賀士長のおかげで最後まで興味深く聴講することが出来ました。「上司・後輩との関わり方」では傾聴のスキル・質問のスキル・承認のスキルなど聞いたことはあっても、実際にはなかなか上手く使うことができないコミュニケーションスキルの確認や「職場力と自己効力感高める」ではリフレイミングなどの問題解決能力や創造力を高めるグループワークまで行い、自分の思考が硬直化してきていると実感したものの、オズボーンのチェックリストを活用することで発想の広がりや変化を経験することが出来ました。

 また、グループワークを一緒に勤務したことのない士長・職員と行うことで、勤務中には経験することがない組織としての役割・目標設定の過程をどのように考えているか見ることが出来たように思います。これも協議会主催の研修ならではではないでしょうか。

 今回の研修で経験したことを少しでも業務の中で実践していきたいと思います。

 最後に、お忙しい中研修会の準備に当たられた研修局の先生方に御礼を申し上げます。

 

 南九州病院 運動療法主任 榎木大介

 

0 コメント